外構屋の独立にかかる資金や資格は?


外構屋の独立にかかる資金や資格は?

外構屋の独立資金がかかること

外構屋の独立資金の必須は、「社用車、道具代」となります。「事務所」を持つ場合や「資格」は状況によって資金がかかります。

以下の3点は、会社が大きくなった場合に考えておくといいでしょう。

事務所

「事務所」は、自宅兼用で事務所を持つ場合は必要ありませんが、事務所にお客さんを招いてプランニングする場合などに必要です。

外構屋の資格

外構屋独立への必要な資格はありませんが、あると幅広く仕事ができる資格が「造園施工管理技士」「土木施工管理技士」「バルコニー施工技能士」があります。

 

CONNECTION関連コラム



一人親方の外構屋の日当・単価はどのくらい?日当・単価を上げるには?

一人親方の外構屋の日当・単価 一人親方の外構屋の日当・単価は、業種や仕事内容、地域によってまちまちですが、新築工事やリフォーム工事などであれば約15,000円〜25,000円が相場となります。 資格がいる事業…

一人親方の外構屋の労災保険とは?

一人親方の外構屋の労災保険とは? 一人親方の外構屋の労災保険とは、災害や通勤災害に対して保証を行う制度です。通常は、一人親方は、労働者と国から認められておらず保険に加入することができなかったのですが…

外構屋を独立して一人親方になるには?まずは屋号を決めよう!

外構屋を独立して一人親方になる流れ 外構屋を独立して一人親方になるには、まずは屋号を決めましょう。屋号とは、個人事業主が「事業の名称」として使用するものです。そして、開業届けを記入し税務署に提出しま…

一人親方の外構屋のメリット・デメリットは?

外構屋の一人親方とは? 外構屋の一人親方とは、従業員などを雇わず家族や1人で事業を行うことを指します。 外構屋の一人親方のメリット 外構屋の一人親方のメリットは、仕事の単価や調整に自由が効きます。また…

一人親方へ独立!外構屋の平均年収は?増やすには?

一人親方へ独立!外構屋の平均年収はどのくらい? 一人親方へ独立した外構屋の平均年収は、約700万〜800万円が相場となります。年収の大差は、営業力や元請け企業の大きさによって単価が変わります。 一人親方の…

一人親方の外構屋の社会保険の種類は?

一人親方の外構屋の社会保険の3種類 一人親方の外構屋の社会保険のは、「国民年金」「一人親方労災保険特別加入制度(一人親方労災保険)」「市町村国保/国保組合」があります。 国民年金 国民年金は、義務であ…

一人親方の外構屋は確定申告が必要なのか?

一人親方の外構屋は確定申告が必要なのか? 確定申告は所得に応じて税金を収める為の申告です。会社員の場合、年末調整があったのと同じで一人親方自身が確定申告で納税をしなくてはいけません。 確定申告しない…