一人親方の電気屋へ独立するのが不安!失敗するパターンは?


一人親方の電気屋へ独立するのが不安!失敗するパターンは?

一人親方の電気屋へ独立するのが不安

一人で独立するのは、誰しも不安を抱えます。特に家族持ちなどの場合、収入が入ってこない不安定など考えてしまいます。

あなたの周りの独立した一人親方も同じで不安と孤独を抱えながら毎日、個人事業主として頑張っているのが現状です。

独立したい理由は様々ですが、特に金銭的に増やしたい方は、進まないと始まらないので先人の一人親方達にアドバイスを貰い前進しましょう。

電気屋を独立して失敗するパターン

失敗するパターンは、仕事がなく収入が入ってこないパターンです。

最初の独立の流れは、「元親方からの下請け」「知り合いの応援」など人脈を利用して仕事を得る事が多いです。

人脈があっても稀に単価が低く請負いを断っていたら仕事がなくなってしまう失敗パターンもあります。

独立を失敗しない為には?

最初はどんな仕事でも請けて窓口を広げましょう。人望ができたら高単価の仕事も請け負うことができます。

また、現在では自社の魅力をアピールできるホームページやSNSなどがあります。それらを利用して問い合わせフォームへ誘導するのも一つの手です。

 

クラリクでは、業者と業者を繋ぐ完全無料のマッチングサービスを行っています。前もって条件などの相談ができ納得のいく仕事ができるのでオススメです。

無料登録して利用する

CONNECTION関連コラム



一人親方へ独立!電気屋の平均年収は?増やすには?

一人親方へ独立!電気屋の平均年収はどのくらい? 一人親方へ独立した電気屋の平均年収は、約500万〜600万円が相場となります。年収の大差は、営業力や元請け企業の大きさによって単価が変わります。 一人親方の…

一人親方の電気屋のメリット・デメリットは?

電気屋の一人親方とは? 電気屋の一人親方とは、従業員などを雇わず家族や1人で事業を行うことを指します。 電気屋の一人親方のメリット 電気屋の一人親方のメリットは、仕事の単価や調整に自由が効きます。また…

一人親方の電気屋の労災保険とは?

一人親方の電気屋の労災保険とは? 一人親方の電気屋の労災保険とは、災害や通勤災害に対して保証を行う制度です。通常は、一人親方は、労働者と国から認められておらず保険に加入することができなかったのですが…

一人親方の電気屋は確定申告が必要なのか?

一人親方の電気屋は確定申告が必要なのか? 確定申告は所得に応じて税金を収める為の申告です。会社員の場合、年末調整があったのと同じで一人親方自身が確定申告で納税をしなくてはいけません。 確定申告しない…

一人親方の電気屋の社会保険の種類は?

一人親方の電気屋の社会保険の3種類 一人親方の電気屋の社会保険のは、「国民年金」「一人親方労災保険特別加入制度(一人親方労災保険)」「市町村国保/国保組合」があります。 国民年金 国民年金は、義務であ…

電気屋を独立して一人親方になるには?手続きの前に道具準備と屋号を決めよう!

独立手続き前に道具準備と屋号を決めよう! 電気屋を独立して一人親方になるには、まずは屋号を決めましょう。屋号とは、個人事業主が「事業の名称」として使用するものです。そして、道具の準備をしてから開業届…

一人親方の電気屋の日当・単価はどのくらい?日当・単価を上げるには?

一人親方の電気屋の日当・単価 一人親方の電気屋の日当・単価は、業種や仕事内容、地域によってまちまちですが、新築工事やリフォーム工事などであれば約15,000円〜25,000円が相場となります。 資格がいる事業…

電気屋の独立にかかる資金や資格は?

電気屋の独立資金がかかること 電気屋の独立資金の必須は、「社用車、道具代」となります。「事務所」を持つ場合や「建設業許可の取得」「資格」は状況によって資金がかかります。 以下の3点は、会社が大きくな…